本文へジャンプする

佐賀県医療センター好生館

文字サイズ:
小さく
標準
大きく

TEL:0952-24-2171 
FAX:0952-29-9390

〒840-8571 佐賀市嘉瀬町大字中原 400

交通アクセス

トップページ > 好生館のご案内 > 好生館からのメッセージ

好生館からのメッセージ

好生館の由来

 佐賀県医療センター「好生館」は、一昨年創設180周年を迎えました。シーボルトが長崎に鳴滝塾を開いた10年後に創られ、わが国で初めての西洋医学の学問所を兼ね添えた診療所として始まりました。明治初期には、研究所を有していたことが記録に残っています。

設立の理念

  「好生館」の名は、天保5年(1834年)第10代佐賀藩主 鍋島直正公が満20歳の時に、幼少からの教育係であった古賀穀堂の革新的教えに基づいて創設した「佐賀藩医学館・医学寮」に、直正公が自ら書かれた扁額「好生館」に由来します。「好生」という言葉は中国の書経の中の「好生の徳は、民心にあまねし」からとられ、心身ともに健康で生き甲斐のある人生を送るという意味が込められています。その「好生」を広く正しく県民に賦与するために「好生館」が設立されました。

好生館の使命

 したがって、「好生館」は県民に健康と生き甲斐を与えるための病院です。最新の医学と医療を提供し、常に自ら新しい医学・医療を研究するだけでなく、優秀な人材を育てることを第一義と考えています。つまり、臨床、研究、教育の3つの柱を守り、新しい時代に向かって常に謙虚に研鑽し続けることが私達の使命です。

好生館のこれから

  「好生館」は、直正公の時代から、明治以降100年以上にわたって県立病院の時代を生き抜き、県民の健康と命を守ってきました。しかし、今、未曾有の超少子高齢化社会と人口減少の時代を迎え、わが国と佐賀県の医療環境は大きく変わってきています。
折しも、「好生館」は平成22年4月に地方独立行政法人となり、平成25年5月には佐賀県の医療を支える高度急性期病院として全面新築移転しました。これを契機に、医師・看護師ほか医療スタッフが大幅に増え、経営の効率性と医療の質を高めることがより可能になりました。今後、これらを更に発展させ、県民の健康と生き甲斐を支えるための「医療の価値」を求めて邁進したいと思います。そのために、臨床・研究・教育を常に進化させ、将来にわたって県民に選ばれる病院であり続けて行くことが「好生館」の歩むべき道と信じています。

理事長のごあいさつ
館長のごあいさつ
顧問のご紹介
好生館からのメッセージ
好生館の理念及び基本方針
病院の沿革・概要
病院経営
研究活動
ボランティアの広場
佐賀県医療センター好生館への寄附のお願い
研修会・講演会のご案内
インフォメーション
採用情報(研修医募集含む)
病院広報誌一覧
館内マップ

ご案内

外来診療受付時間:
(月~金)8:30~11:00

相談支援センター:
(月~金)8:30~17:15

ページの先頭へ戻る

個人情報の取扱いについてサイトポリシーリンク集サイトマップご意見・ご感想