本文へジャンプする

佐賀県医療センター好生館

TEL:0952-24-2171  
FAX:0952-29-9390

〒840-8571 佐賀市嘉瀬町大字中原 400

トップページ > 好生館のご案内 > 理事長のごあいさつ

理事長のごあいさつ

kirino_ceo.jpg

理事長:桐野 髙明
(きりの たかあき) 

医師の働き方改革

  「24時間戦えますか」という歌詞で始まるCMソングを覚えていますか。このCMソングがテレビに流れ始めたのは平成元年。その当時、日本人の大部分は労働時間の長さを誇りとし、夜遅くまで働くことを美徳とさえ考えていました。時代は変わり、長時間労働を抑制する「働き方改革」が進められています。日本社会の抱える根本問題の一つである少子高齢化問題を解決するため、働き方の改革がその第一歩になると考えられるようになったからです。そして、その「働き方改革」の対象となる最終集団の一つとして医師の問題が取り上げられています。
  1990年代以降、患者権利の尊重、医療安全の重視の考え方に沿って、医療改革が進められてきました。そのため、必要なさまざまな業務が増えてきました。その多くの部分を医師が分担することになったのです。その結果、以前より過重な状態であった医師の勤務はますます過酷になってきました。良質の医療が持続的に提供されるためには、患者権利と医療安全が重視されると同時に、医師の過酷な勤務を改善し、健康に働き続けられる条件を整えることが必要です。医師の働き方の改革が必須であることは、衆目の一致するところでしょう。
  ただ、良質の医療の提供のためには、医師の長時間勤務が避けられない状態にある日本の多くの病院にとっては、容易ならざる改革です。ある程度時間をかけ段階的に改革を進め、よい制度として定着していくことが重要だと思います


平成31年1月

理事長の経歴

過去のごあいさつ

理事長のごあいさつ
館長のごあいさつ
顧問のご紹介
好生館からのメッセージ
好生館の理念及び基本方針
病院の沿革・概要
病院経営
研究活動に関するコンプライアンス
治験・臨床研究
ボランティアの広場
佐賀県医療センター好生館への寄附のお願い
研修会・講演会のご案内
インフォメーション
採用情報(研修医募集含む)
病院広報誌一覧
館内マップ

ご案内

外来診療受付時間:
(月~金)8:30~11:00

相談支援センター:
(月~金)8:30~17:15

ページの先頭へ戻る

個人情報の取扱いについてサイトポリシーリンク集サイトマップご意見・ご感想