本文へジャンプする

佐賀県医療センター好生館

TEL:0952-24-2171  
FAX:0952-29-9390

〒840-8571 佐賀市嘉瀬町大字中原 400

トップページ > 好生館のご案内 > 理事長のごあいさつ

理事長のごあいさつ

kirino_ceo.jpg

理事長:桐野 髙明
(きりの たかあき) 

佐賀県保健医療計画について

  経営学者のドラッカーは、現在を冷静に分析することによって、未来が知りえるものとなることを「すでに起こった未来」という有名なことばで表現しました。すでに現在進行中の変化は10年後、20年後に大きな影響を与えるものであり、その変化から未来を予測することが可能であれば、未来はすでに起こっているものと見なすことができます。その未来に備えることが必要であると訴えているのです。
  佐賀県は4月に第7次の保健医療計画を発表し、2018~2023年度の佐賀県の医療の将来像を示しました。計画では人口と疾病構造の変化、医療提供体制の現状と将来予測など、保健医療の広い範囲にわたって、将来像を分析しています。これから佐賀県に起きる変化の分析から、将来にどのように備えることが必要になるかを提案しているのです。
  それぞれの医療機関はその経営方針、診療実績等を踏まえ、それぞれの病床機能のありかたを考えることになっています。個々の医療機関の将来像は、県が具体的に指し示すものではなく、医療機関がみずから判断し、選択をして決定していくものです。保健医療計画において、県として分析した「すでに起こった未来」を示し、その未来に備えるための準備を促しているものと思います。もし「すでに起こった未来」であるのならば、未来の大枠はほぼ予測可能であり、その大枠に従って医療の在り方を合わせていかなければならないということを意味しています。県の示したこの保健医療計画は、今後の佐賀県の医療改革に大いに参考にするべき資料と言えるでしょう。

平成30年10月

理事長の経歴

過去のごあいさつ

理事長のごあいさつ
館長のごあいさつ
顧問のご紹介
好生館からのメッセージ
好生館の理念及び基本方針
病院の沿革・概要
病院経営
研究活動に関するコンプライアンス
治験・臨床研究
ボランティアの広場
佐賀県医療センター好生館への寄附のお願い
研修会・講演会のご案内
インフォメーション
採用情報(研修医募集含む)
病院広報誌一覧
館内マップ

ご案内

外来診療受付時間:
(月~金)8:30~11:00

相談支援センター:
(月~金)8:30~17:15

ページの先頭へ戻る

個人情報の取扱いについてサイトポリシーリンク集サイトマップご意見・ご感想