本文へジャンプする

佐賀県医療センター好生館

文字サイズ:
小さく
標準
大きく

TEL:0952-24-2171 
FAX:0952-29-9390

〒840-8571 佐賀市嘉瀬町大字中原 400

交通アクセス

トップページ > 診療部門のご紹介 > 事務部門 > 事務部 > スタッフ紹介

事務部

事務部長のごあいさつ

matud_butyou.jpg

事務部長  松田  篤郎

○  第2期中期計画の3年目を迎えた28年度は、診療報酬改定の年となりましたが、「病床の機能分化・連携」を見据えた「地域包括ケアシステム」の推進を核に、医療機能の分化・強化・連携を一層推進する方向性が示されました。限られた財源の国民医療費を効率的かつ効果的に活用し、地域の皆様にとって安全で安心な医療が提供できる体制の実現が求められ、大病院の一般外来見直し、高度急性期医療や質の高いがん医療や認知症対応が評価される一方で、「外来医療・在宅医療」の推進にシフトした「かかりつけ医、歯科医」、「かかりつけ薬剤師、薬局」の評価見直しなどが、改定の中心となっています。

○  今回の改定が今後の好生館のあり方のターニングポイントになると捉えて、病院機能の見直しを図りました。具体的には、これまで中央診療部門の一部署として機能していた地域医療連携、一般相談、がん相談、ベッドコントロールなどの各センターを「患者・家族総合支援センター」に一元化して部門格上げし、県内の医療機関や開業医の先生方とのより一層の連携強化を図ります。また、医療事故調査制度の変更を踏まえて、安全、安心な医療提供の可視化を推進するために、医療安全管理部の位置付けも見直しました。これまでの各部署の業務に大きな変化はありませんが、病院事業を展開する上でのガバナンス、コンプライアンスの強化を進めつつ、各部署で業務に励む職員の意識改革も目的の一つとなっています。

○  このような病院組織の改編を踏まえて、事務部の運営体制も見直しました。病院基盤を支える経営、人事業務に責任と権限を持って対処するために、法人直轄部門としての本部機能を持たせる一方で、総務課と契約課の一体化、財務・会計事務の強化を目途に財務課の新設、将来計画を具体化するための計画推進室の新設などが中心ですが、横串的に事務を機能させ、確実な事務執行を目指してまいります。患者の皆様、地域の皆様への各種サービスの提供は勿論ですが、各医療機関の皆様、開業医の先生方、県、市町村等の関係行政機関との事務的連携や連絡・調整は事務部門の重要な役割と考えていますので、今後とも、より一層のご支援とご指導を、よろしくお願い申し上げます。

組織図

2016jimu.png

各課の事務分掌

総務課

総務課では、職員の服務など人事・給与に関すること、予算・決算その他出納に関することから事務局内各課に属さない事務を行っています。

庶務係の事務分掌

  • 文書及び公印に関すること
  • その他、他課(科)の所管に属しない事務に関すること

人事係の事務分掌

  • 職員の身分、進退及び服務その他人事・給与等に関すること

契約係の事務分掌

  • 物品の購入及び出納保管(医薬品及び給食材料などの出納保管を除く)に関すること
  • 医療機器の保守管理に関すること
  • 契約事務全般に関すること

広報室の事務分掌

  • ホームページ更新、広報誌作成、その他広報に関すること

施設課

主に病院施設の維持管理を行っています。

施設課の事務分掌

  • 電気、水道、ガス、ボイラー、冷暖房、電話、宿舎等の管理及び館内取締りに関すること
  • 建物の整備その他営繕に関すること

医事課

医事課では、受診受付から料金計算までの請求事務、医事統計に関する事務、医学図書の管理、カルテの管理など医療に関する幅広い事務を行っています。

医事係の事務分掌

  • 受診受付に関すること
  • 入院及び外来の診療報酬等の計算及び請求・収納に関すること
  • 医事統計に関すること
  • 医療秘書に関すること

企画経営課

企画経営係

  • 病院の経営改善のための施策の立案及び遂行に関すること
  • 施設基準の届出に関すること

財務課

  • 予算、決算、現金出納その他会計に関すること

 

診療科
診療センター
中央診療部門
診療支援部門
看護部門
事務部門
事務部

ご案内

外来診療受付時間:
(月~金)8:30~11:00

相談支援センター:
(月~金)8:30~17:15

ページの先頭へ戻る

個人情報の取扱いについてサイトポリシーリンク集サイトマップご意見・ご感想