本文へジャンプする

佐賀県医療センター好生館

文字サイズ:
小さく
標準
大きく

TEL:0952-24-2171 
FAX:0952-29-9390

〒840-8571 佐賀市嘉瀬町大字中原 400

交通アクセス

トップページ > 診療部門のご紹介 > 診療センター > 救命救急センター > 診療実績

救命救急センター

診療実績

docheli.jpg

  表に、この5年間の救急外来の状況等を示しています。

救命救急センター 外来患者、入室者、プレホスピタルケア実績

emergency2015_2.png

 救急車搬入台数は、佐賀大学病院を上回った2014 年度よりさらに増え、3000 件にわずかに及ばない数となりました。他県を見ると年間5000 件や1万件を超える病院も少なくないのですが、佐賀県で特筆すべきは、その入院率の高さです。当館、佐賀大学、唐津日赤、嬉野医療センターの4救命救急センターに救急車で搬送された患者の実に5~6割以上が、入院となっています。他県では、入院率は高くて4割、せいぜい3割程度です。これは、医療資源の少ない佐賀県にあって、いかに救急隊が的確なトリアージをしてくれているかという証左であると思います。もちろん、多くの施設により不応需となった患者のやむを得ずの搬送も少なくはありません。しかし、救急隊との信頼関係があってこその、全国的にも高水準の救命救急センター入院率であろうと確信します。今後も、メディカルコントロールを通じて、救急隊と切磋琢磨していきたいと考えています。
 吉富有哉医師は、根っからの臨床大好き人間です。彼の眼は少年のように輝いています。しかし、彼の臨床力の高さは、彼一人によるところではなく、他科の先生方やコ・メディカルスタッフを“ 心地よく” 巻き込める才能にもよります。チーム医療を必須とするわれわれ救急医が見習うべき資質であります。
 ドクターカー、ドクターヘリとも、活発に運用されています。2015 年度も事故なく終えることができたことに感謝したいと思います。これは、ともに活動する救急救命士・西日本空輸のスタッフの皆様に拠るところが大きいです。これからも、『安全第一』の活動を継続したいと思います。
 松本 康医長は、今年度もドクターヘリ事業に関して、症例検討会など緻密にまとめていただきました。


 以下に救命救急センター入室の重篤患者数を示します。

2015年度救命救急センター入室 重篤患者数(厚生労働省への提出書式による)

emergency2015_1.png

診療科
診療センター
救命救急センター
脳卒中センター
外傷センター
ハートセンター
周産期母子センター
リハビリテーションセンター
がんセンター
ブレストセンター
小児がん支援センター
中央診療部門
診療支援部門
看護部門
事務部門

ご案内

外来診療受付時間:
(月~金)8:30~11:00

相談支援センター:
(月~金)8:30~17:15

ページの先頭へ戻る

個人情報の取扱いについてサイトポリシーリンク集サイトマップご意見・ご感想