本文へジャンプする

佐賀県医療センター好生館

文字サイズ:
小さく
標準
大きく

TEL:0952-24-2171 
FAX:0952-29-9390

〒840-8571 佐賀市嘉瀬町大字中原 400

交通アクセス

English

トップページ > 診療部門のご紹介 > 診療センター > 脳卒中センター > 診断装置・設備 > 放射線診断装置

診断装置・設備

放射線診断装置

コンピューター断層撮影(CT)

東芝製320列CT装置(Aquillion ONE)と64列CT装置(Aquillion64)があります。
一回転で全脳をスキャンすることができます。3次元データに時間軸を加えることにより、動態診断が可能となります。これは動脈相から静脈相にいたる血管撮影のような動態映像が撮影できることを意味します。また、時相差のない全脳Perfusionも可能です。血管撮影やSPECTの撮影が難しい症例などに威力を発揮します。

ct.jpg

核磁気共鳴画像法(MRI)

PHILIPS社製Ingenia3.0TとAchieva1.5T A-seriesがあります。  2台のMRI機器により365日24時間のMRI撮影が可能です。MRIはとくに脳梗塞の病巣把握や病型診断、急性期再開通療法の適応決定に威力を発揮します。当館では脳卒中の患者さんが救急車で来院された場合、まず、頭部CTで出血の有無を確認し、脳梗塞であれば、tPA静脈内投与の適応を決定します。そして、tPAの静脈内投与を行いながら、MRIの撮影を行い、脳血管内治療による急性期脳血管再開通療法が行えるか検討します。 

mri.jpg

血管撮影装置

脳血管系で使用する血管撮影装置はPHILIPS社製Alura Xper FD20、SIEMENS社製Artis zee TAとハイブリッド手術室にはPHILIPS社製ハイブリッド手術室対応Allura Xper FD装置があります。ハイブリッド手術以外では診断血管撮影と局所麻酔下の脳血管内手術が行われます。いずれの装置もフラットパネルで3Dプラットフォーム対応でCTライクイメージが撮影可能です。3D画像を撮影することにより、ベストアングルでの血管内治療が可能となります。

vessel.jpg

SPECT検査

GE社製Infinia Hawkeye 4 があります。
脳血流シンチグラフィーは、脳の血流が十分かどうか、その分布の仕方などを調べることができます。
動脈硬化やもやもや病など脳血管が狭窄している場合に、脳血流の低下がみられ、脳梗塞発症のリスクを予測することができます。

spect.jpg

診療科
診療センター
救命救急センター
脳卒中センター
外傷センター
ハートセンター
周産期母子センター
リハビリテーションセンター
がんセンター
ブレストセンター
小児がん支援センター
中央診療部門
診療支援部門
看護部門
事務部門

ご案内

外来診療受付時間:
(月~金)8:30~11:00

相談支援センター:
(月~金)8:30~17:15

ページの先頭へ戻る

個人情報の取扱いについてサイトポリシーリンク集サイトマップご意見・ご感想