本文へジャンプする

佐賀県医療センター好生館

文字サイズ:
小さく
標準
大きく

TEL:0952-24-2171 
FAX:0952-29-9390

〒840-8571 佐賀市嘉瀬町大字中原 400

交通アクセス

English

トップページ > 診療部門のご紹介 > 診療センター > 脳卒中センター > 診断装置・設備 > 生理診断機器

診断装置・設備

生理診断機器

脳波や体制感覚誘発電位、聴性脳幹反応、視覚誘発電位、運動誘発電位などの電気生理学的検査およびINVOSで脳血流をモニターすることにより、手術や、血管内治療が安全に行えるようにしています。

 

脳波計 

  • GRASS社製 デジタル脳波計 コメット(据え置き型)
  • 日本光電工業社製 デジタル脳波計 Neurofax(ポータブル脳波計)

誘発電位計 

  • 日本光電工業社製 筋電図・誘発電位検査装置 Neuropack S1 2台
    ( 1台には運動誘発電位用の刺激装置が付属)

体性感覚誘発電位(SEP)

体性感覚誘発電位とは体性感覚刺激によって中枢神経に誘発される電位のことを言いますが、脳血管障害の領域では通常大脳で誘発される電位を使用します。感覚伝導路の障害によって、この電位が消失したり、潜時が延長したりします。脳血管障害の領域では頸動脈内膜剥離術やステント留置術などを行う際に脳血流を一次的に遮断するときに虚血による脳障害の指標として使用します。

 

運動誘発電位(MEP)

大脳の運動野を電気刺激して、目的の筋肉から表面筋電図を記録する方法で、運動路が障害されると、この電位が消失したり、振幅が低下したりします。動脈瘤のクリッピングの際に、運動路を栄養する穿通枝の血流が保たれているかをモニタリングするのに用いられます。

 

INVOS

組織酸素飽和度を連続的にモニタリングするシステムです。組織酸素飽和度をモニタリングすることにより、局所の脳の灌流状態の変化を捉えることができ、術中リスクを低減させたり、術後合併症の予防や予後の改善を図ります。

写真は頭蓋頸椎移行部の動静脈瘻の手術に際して、SEPとMEPをモニターして手術を行っているところです。

sepmep.png

診療科
診療センター
救命救急センター
脳卒中センター
外傷センター
ハートセンター
周産期母子センター
リハビリテーションセンター
がんセンター
ブレストセンター
小児がん支援センター
中央診療部門
診療支援部門
看護部門
事務部門

ご案内

外来診療受付時間:
(月~金)8:30~11:00

相談支援センター:
(月~金)8:30~17:15

ページの先頭へ戻る

個人情報の取扱いについてサイトポリシーリンク集サイトマップご意見・ご感想