本文へジャンプする

佐賀県医療センター好生館

文字サイズ:
小さく
標準
大きく

TEL:0952-24-2171 
FAX:0952-29-9390

〒840-8571 佐賀市嘉瀬町大字中原 400

交通アクセス

English

トップページ > 診療部門のご紹介 > 診療センター > 脳卒中センター > リハビリテーション > 高次脳機能障害の評価とリハビリテーション

リハビリテーション

高次脳機能障害の評価とリハビリテーション

神経心理学的検査

比較的短時間で、簡便に行えるスクリーニング検査と、時間はかかりますが、詳細な情報を得ることができる掘り下げ(ディープ)検査があります。 どのような検査を組み合わせてバッテリーを作成するかは、損傷部位や症状によってことなります。当院でよく使用している神経心理学的検査一覧例です。この他の検査も様々な検査を実施しております。
 

簡易認知機能 MMSE,HDS-R,MOCA-J
知的機能 ウェクスラー成人知能検査:WAIS-Ⅲ,レーブン色彩マトリックス検査
記憶 三宅式記銘力検査,ベントン視覚記銘力検査,
ウェクスラー記憶検査:WMS-R,RBMT行動記憶検査
注意 Trail Making Test:TMT, 標準注意検査法:CAT
Paced Auditory Serial Addition Task:PASAT
前頭葉機能 FAB,ウィスコンシン・カード・ソーティング・テスト
遂行機能障害症候群の行動評価:BADS日本版
視空間性認知 行動性無視検査(BIT)
行為障害 標準高次動作性検査:SPTA

高次脳機能障害のリハビリテーション

高次脳機能障害の症状は外見上ではわかりにくく、客観的な評価が重要です。また、実際の生活でどのような障害があるかを早期より把握し、援助することが必要だと考えております。そのため、こうせに入院中に現れる症状・障害だけでなく、家庭での日常生活や社会生活の行動障害までを含めた(予測した)ものとして捉えます。

好生館での高次脳機能評価          

  1. 損なわれた機能だけでなく、損なわれていない機能も評価します。 
  2. 医学的診断(生理検査や画像診断)、神経心理学的診断だけでなく、生活機能への影響を評価します。 

高次脳機能障害のリハビリテーション

riha_graf.png

記憶障害や注意の機能など、実際に障害を受けた機能の向上を図ると共に、必要に応じて傷害された能力を代償する手段を提案し、生活での障害の軽減や解消が出来るように援助します。


リハビリテーションセンター  脳卒中部門 作業療法士 野崎忠幸 
 

診療科
診療センター
救命救急センター
脳卒中センター
外傷センター
ハートセンター
周産期母子センター
リハビリテーションセンター
がんセンター
ブレストセンター
小児がん支援センター
中央診療部門
診療支援部門
看護部門
事務部門

ご案内

外来診療受付時間:
(月~金)8:30~11:00

相談支援センター:
(月~金)8:30~17:15

ページの先頭へ戻る

個人情報の取扱いについてサイトポリシーリンク集サイトマップご意見・ご感想