本文へジャンプする

佐賀県医療センター好生館

文字サイズ:
小さく
標準
大きく

TEL:0952-24-2171 
FAX:0952-29-9390

〒840-8571 佐賀市嘉瀬町大字中原 400

交通アクセス

English

トップページ > 診療部門のご紹介 > 診療科 > 泌尿器科 > 診療実績

泌尿器科

診療実績

 2015 年の男性の癌の罹患数予測では、前立腺癌が第1位となっています。前立腺癌の早期発見にはPSA 検査が大変有用で、佐賀県内の市町村でも検診を導入しています。しかし、好発年齢の50 ~ 80 歳男性の検診受診率が約10%と非常に低いため、依然として、多発転移を伴った、進行前立腺癌の状態で見つかる患者さんが多いのが現実です。当科では入院の上、麻酔医の協力のもと、手術室での痛みのない前立腺生検を行っています。前立腺のサイズに合わせた生検方法を工夫しており、診断率向上をはかっています。
 前立腺癌に対する手術には、開腹手術、腹腔鏡手術、ロボット手術があります。ロボット手術といっても、ロボットが手術をするわけではありません。ロボットが支援する手術のことで、ダヴィンチという名前の機械を用います。遠隔操作で、腹腔内の手術を行います。米国では2000 年頃から始まり、米国では前立腺がん手術の約90%は、このダヴィンチで行われています。
お腹の中で、自在に操作できる細い鉗子を使うことができるため、出血がより少なく手術操作もより容易になるといわれており、患者さんにとって福音になりそうです。2016 年初めに好生館に設置されました。手術室の看護師、ME の方たちとチームを組んで、稼働のための研修を開始しました。ダヴィンチによるロボット支援手術は2016 年5月の連休明けより稼働される予定となっています。
 当科での手術は、結石関連、前立腺肥大症、副腎腫瘍、癌関連(腎癌、尿管癌、膀胱癌、尿道癌、前立腺癌、精巣腫瘍、陰茎癌、尿膜管癌)、尿膜管膿瘍、複雑性尿路感染(膿腎症、結石性腎盂腎炎)、精索捻転など多岐にわたっています。今後もチームとして最新術式を積極的に取り入れ研修を重ねて治療成績の向上を目指します。

前立腺肥大症

 年配の男性に多く、排尿障害、頻尿などの多彩な症状を示す前立腺肥大症に対しては、最新の薬物療法を行い、重症例には積極的に手術を行っています。

泌尿器科癌診断治療

結石治療

 当館では、救急センターを併設しているため、尿路結石の患者さんを数多く治療しています。保存的治療、体外衝撃波砕石術、経尿道尿管結石レーザー砕石術、経尿道尿管結石レーザー砕石術、経皮的腎盂結石除去術等最新の機器を揃えており、保存的治療や体外衝撃波砕石術などで困難な結石でも、多数の症例の根治治療を行っています。

腎移植

 当館での腎移植医療の歴史は古く、佐賀県においても腎移植病院として機能しています。好生館で行われた最初の腎移植は、1979年7月に行われ、現在まで92例行われています。

生体腎移植 1979年7月~61例
献腎移植 1983年2月~31例

 近年の佐賀県の移植の大部分は当館で行っており、現在も献腎移植、生体腎移植どちらも取り組んでいて、たくさんの移植患者さんに対して、免疫抑制療法を行っています。献腎移植の登録を好生館で行っています。生体腎移植についても、ドナーの負担の少ない腹腔鏡下ドナー腎摘除術と組み合わせた腎移植を勧めておりますので、お気軽にご相談ください。

診療科
総合内科
血液内科
腎臓内科
糖尿病代謝内科
腫瘍内科
消化器内科
消化器外科
肝胆膵内科
肝胆膵外科
呼吸器内科
呼吸器外科
脳神経内科
脳神経外科
脳血管内科
循環器内科
心臓血管外科
小児科
小児外科
整形外科
脊椎外科
緩和ケア科
精神科
皮膚科
産婦人科
乳腺外科
形成外科
泌尿器科
耳鼻いんこう科
眼科
リハビリテーション科
放射線科
救急科
麻酔科
病理診断科
歯科口腔外科
診療センター
中央診療部門
診療支援部門
看護部門
事務部門

ご案内

外来診療受付時間:
(月~金)8:30~11:00

相談支援センター:
(月~金)8:30~17:15

ページの先頭へ戻る

個人情報の取扱いについてサイトポリシーリンク集サイトマップご意見・ご感想