本文へジャンプする

佐賀県医療センター好生館

TEL:0952-24-2171  
FAX:0952-29-9390

〒840-8571 佐賀市嘉瀬町大字中原 400

トップページ > 診療部門のご紹介 > 診療部 > 泌尿器科 > ダヴィンチ

泌尿器科

手術支援ロボット ダヴィンチの導入について

好生館では、低侵襲手術支援ロボット「ダヴィンチ」を導入し、2016年5月から手術を開始いたしました。

ダヴィンチについて

davinci_2.jpg
ダヴィンチは「より低侵襲な手術」を目指して開発された、手術支援用ロボットです。高画質で立体的な3D画像を見ながら、人間の手より可動性のある鉗子を操作して手術を行います。

以下の各項目で簡単にダヴィンチのご説明を致します。
davinci_1.png

ページの先頭へ戻る

ダヴィンチの特徴

1.鮮明な3D画像

「写真1」はダヴィンチのカメラを写したものです。中心にある2つの丸い部分が、それぞれ「右目用」、「左目用」のハイビジョンカメラです。術者はそれぞれのカメラからの画像を、それぞれの目で見ることで立体的に術野をとらえることが出来ます。

davinci_pict01_mk.jpg

写真1


2. 手と連動した精密な鉗子の動き
「写真2」の様にダヴィンチの鉗子には複数の関節があり、人間の手よりも可動性があります。また鉗子には「手ぶれ補正機能」や、「モーションスケーリング機能」も備わっています。「モーションスケーリング機能」とは、手の動きに対して、鉗子の動きを1/2や1/3に縮小させるもので、より精密な操作を可能にする機能です。

davinci_pict02_mk.jpg

写真2


3. ダヴィンチ手術の実績
2000年にダヴィンチが登場して以来、各科でのロボット手術は急速に世界中に普及しています。2010年に世界中で行われたダヴィンチ手術は30万件弱でしたが、2015年には60万件を超えました。現在、日本でも年間約1万件の前立腺全摘除術がダヴィンチを用いて行われています。これは開腹手術や腹腔鏡手術なども合わせた全ての前立腺全摘除術の約半数を占めています。米国では既に前立腺全摘除術の約85%がダヴィンチを用いて行われています。

ページの先頭へ戻る

実際のダヴィンチの動きについて

【動画】手と鉗子の動き

【動画】「ダヴィンチ」と「腹腔鏡」の比較

【動画】「ダヴィンチ手術」と「腹腔鏡手術」の比較

 

ダヴィンチを用いた前立腺全摘除術のイメージ

zenritsu_image.jpg

ダヴィンチを用いた前立腺全摘除術のイメージ写真です。
お腹の中の腸を前立腺から離す目的で、患者さんは頭を低くした体勢で手術を行います(頭を低くすることで腸は頭側に下がります。これによって骨盤側の腸がなくなり、前立腺周囲の視野が良くなります)。また術者は患者さんから離れた場所でダヴィンチを操作します。
術者が覗き込んでいるのはカメラからの画像です。
また術者の手先の動きに連動して、ダヴィンチの鉗子はお腹の中で同じ動きをします。

 

ページの先頭へ戻る

よくあるご質問(FAQ)

Q1) どのような病気に対してダヴィンチ手術が行われているのですか?
A1) 現在、保険で認められているのは「前立腺全摘除術」と「腎部分切除術」です。好生館では「前立腺全摘除術」でダヴィンチ手術を行っています。

Q2) 費用はどうですか?
A2) 健康保険が適応されますので、医療費の負担は従来の手術とほぼ同じです。また高額医療費制度を利用すれば、自己負担はさらに少なくなります。

Q3) 手術はどのくらいの時間がかかりますか?
A3) 手術時間は2~5時間程度と、患者さんの手術内容によってかなり差があります。再発リスクの高い方などでは、骨盤内リンパ節郭清も追加で行いますので5時間程度かかります。また前立腺が大きい方や、前立腺が変形している方などでも手術時間が長くなる場合があります。

Q4) 輸血の可能性はありますか?
A4) 術前に自己血貯血を行っており、これを手術の際にご自分に戻すことで対応しています。しかし他人の血液を「輸血」しなければならない可能性もゼロではありません。

Q5) 入院後の流れを教えて下さい。
A5) 基本的には手術の前日に入院して頂きます。手術の翌日から飲水を開始し、問題なければ昼食から食事も開始する予定です。また手術の翌日から病棟内を歩いて頂きます。術後は膀胱までバルーンカテーテルが入っていますが、手術から6日目に抜去する予定です。その後は状況を見ながら退院を相談致します。およその入院期間は10日間程度です。

Q6) 傷口はどのようになりますか?
A6) 計6カ所の傷口が出来ます。5カ所は鉗子を入れるだけですので1.5㎝程度ですが、1カ所だけは前立腺を取り出さすために3~5㎝程度になります。

Q7) 術後の痛みはどうですか?
A7) 「痛くありません」とは申しません。しかし、従来の開腹手術や腹腔鏡手術と比べると痛みは軽くなっています。基本的には硬膜外チューブから麻酔薬を持続注入したり、鎮痛剤の点滴や筋肉注射もしくは内服、または座薬など様々な方法で対応致します。

Q8) 誰でもダヴィンチ手術を受けることが出来ますか?
A8) ダヴィンチでの前立腺全摘除術では、頭を低くするようにベッドを傾けて行います。これは腸が邪魔にならないように頭側に移動させるためです。長時間頭を低くした状態で手術を行いますので、眼圧が高い方(一部の緑内障の方)や、脳出血の既往がある方などではダヴィンチ手術が難しい場合もあります。

Q9) ダヴィンチ手術のデメリットはありますか?
A9) ダヴィンチは医療用ロボットであり器械ですので「故障」があり得ます。2014年から2015年にかけてのデータでは、ダヴィンチの不具合で手術が中止や、術式変更となった確率はおよそ3000分の1(0.03%)でした。

Q10) 術後の尿失禁はどうですか?
A10) 多くの方では、術後6ヶ月~12ヶ月程度で落ち着いてきます(パッド1日1枚程度)。

Q11) 術後のEDはどうですか?
A11) 残念ながら術後のEDはほぼ必発です。これは手術の際に勃起神経も切除してしまうからです。勃起神経を温存する方法もありますが、この場合でも半数以上はEDとなってしまいます。

Q12) 退院後のフォローはどうなりますか?
A12) 退院後は、まず術後1ヶ月目にPSAを測定します。その後も3ヶ月毎に通院して頂き、PSA値や失禁の状態を観察させて頂きます。これらが安定した後は、お近くの「かかりつけ医」にフォローをお願いする予定です。この場合は「佐賀県前立腺がん地域連携パス」を使用する予定です。

ページの先頭へ戻る

個人情報の取扱いについてサイトポリシーリンク集サイトマップご意見・ご感想