本文へジャンプする

佐賀県医療センター好生館

TEL:0952-24-2171  
FAX:0952-29-9390

〒840-8571 佐賀市嘉瀬町大字中原 400

トップページ > 診療部門のご紹介 > 教育センター > 教育センター > 研修プログラム

教育センター

 

初期臨床研修医プログラム  後期臨床研修医プログラム

好生館の初期臨床研修プログラムの特色

好生館の初期臨床研修プログラムの特色としては、以下があげられます。

  1. 十分な自由選択期間があり、特に2年次は自分の希望する診療科の選択がしやすいこと
  2. プライマリ・ケアおよび救急初期対応を十分に習得できるよう、救命救急センターでの研修やERでの屋根瓦方式の総合時間外診療システムが組み込まれていること
  3. 症例数が豊富で、熱心で豊富な指導陣により、充実した研修・指導がなされること
  4. 初期臨床研修医専用の医局には各人の机に電子カルテ用PCを配備するとともに、研修棟4~5階に研修医向け宿舎を設けるなど、設備・環境面でのサポートが充実していること
     

初期臨床研修プログラムの内容(基幹型:定数11名)

好生館研修プログラム 初期臨床研修ローテーション表(基幹型:例)

2019shokiroteshon.JPG

  • オリエンテーションは、4月初めの1週間。医療安全対策、院内感染予防、情報セキュリティ、採血・輸血の基本、電子力ルテの記載方法などに関する講義・実習があります。
  • 総合時間外診療(ER)は、5月上旬から開始されます。 救命救急センター研修や地域医療・精神科など外病院での研修(研修医2年次)を除けば、年間を通じて月に4回~5回くらいの頻度で総合時間外診療を担当します。
    当館の特徴は、1年次と2年次研修医がペアを組んで walk-in の患者さんをファーストタッチで診療し、それを上級医(救急B)・救命当直(救急C)・ICU当直・SCU当直・NICU当直らがサポートする “屋根瓦方式” を採用していることです。
    また、時間外診療の勤務時間帯は、17:15~23:00 までの前半と、23:00~翌08:30 までの後半とに分かれているため、夜間ぶっ続けで当直をする必要はありません。さらに後半組は、翌日は午前のみの研修もしくは午後のみの研修という体制になっており(どちらになるかは研修先の診療科の判断による)、健康面にも配慮しています。
  • 内科研修では、8つの診療科(腎臓内科など)から6つを選択し、1ヶ月ずつローテー卜します。こまぎれとはなりますが、「新・専門医制度」では内科専門医を目指す場合、初期臨床研修医時代に担当した症例のうち、最大で50%が利用できるようになるため、多くの内科系診療科をローテートする好生館方式は、かえって有利に働くものと期待されます。
    また、内科系を志望される先生は、1年次の選択期間を利用して循環器内科2ヶ月、呼吸器内科2ヶ月とすることも可能であり(内科研修が8カ月)、フレキシブルな研修ができるような取り組みをしています。
  • 2020年度より研修プログラムが変わり、外科系、精神科、小児科、産婦人科の4診療科が必修となりました。各科をそれぞれ1ヶ月以上選択します。ただし、科の特性上、当館の産婦人科で研修する場合は、研修期間は1~2ヶ月としてください。また外科系には、消化器外科、呼吸器外科、肝胆膵外科、乳腺外科、小児外科、脳神経外科、整形外科、心臓血管外科、泌尿器科、形成外科が含まれます。精神科の選択では、肥前精神医療センター(2ヶ月;偶数月に研修開始)、あるいは早津江病院か、嬉野温泉病院のいずれかで研修します(1ヶ月以上)。なお、2020年から麻酔科は必修科ではなくなりましたが、好生館プログラムでは、麻酔科研修を必修としています(したがって、自由選択科の期間は8~9ヶ月)。
  • 地域医療は、佐賀県内の4つの臨床研修協力施設の中から1施設を選び、2年目に研修します。

基幹型 初期臨床研修ローテーション表(具体例: 令和元年度版)

(図をクリックするとPDFが開きます)

resident07.png

研修内容

佐賀県医療センター好生館研修内容のご紹介(救急中心)

好生館での研修内容を知りたい医学生の方を対象に、救急を中心に好生館の診療実績や研修内容をまとめてみました。構成は次のようになっています。

  • 救急外来の診療実績
  • 総合当直の内容、経験できる症例数
  • 救急外来の動線とトリアージナース制度
  • 救命救急センターでの研修内容
  • プレホスピタル救急診療(ドクターカー、ドクターヘリ)
  • AHA(アメリカ心臓協会) BLS/ACLSコース、外傷研修会
  • 各種災害研修とDMAT活動
  • iPADを用いた佐賀県のICT
  • 好生館で研修した先輩たちの研修体験記
  • レジデント向け研修会と好生館が目指す研修の特徴 以下をクリックし、PDFファイルにてご参照ください。

 

08.png

研修体験記

 佐賀県医療センター好生館では、多くの方が研修に励んでいます。臨床研修医の方の研修体験記、実際に研修を受けているスタッフの生の声を紹介しています。

後期臨床研修医(専攻医)プログラムの特徴

 佐賀県医療センター好生館では、後期研修医枠を設けて、意欲ある研修医を受け入れています。カリキュラムを提示している診療科のみならず、複数の診療科での研修や資格取得などにも柔軟に対応しています。ご存知のように、平成28年6月に研修プログラムが公開され平成29年4月から実施されることになっていた『新・専門医制度』の導入が、遅れています。平成29年度までは従来の学会毎の専門医プログラムで動く基本領域(診療科)が多いようです。自分が専攻したい基本領域の学会のホームページをこまめに見ておくよう、お願いいたします。以下の案内は、平成28年現在の当館の後期臨床研修医の応募に関する情報です。

後期研修医(卒後3年目以降)の種類

病院独自の後期研修医枠と医局派遣の後期研修医枠があります。

病院独自の後期研修医

  • 医局派遣とは別に枠を設けたもので、基本的に3年コースです。
  • 内科で受け入れています。
    平成29年4月より新しい専門医制度が導入されることから、それに合わせて他の診療科でも後期研修医の受け入れプログラムを開発中です。平成28年夏ごろを目途にホームページ上に掲載予定です。
  • 提示した診療科以外を希望される場合は、ご遠慮なくご相談ください。

医局派遣の後期研修医

  • 各大学医局から派遣される後期研修医を受け入れています。
  • 単科ストレートや単科内でのローテートが原則ですが、他科や他施設ローテートを実施している診療科もあります。
  • 医局派遣の後期研修医については、まず、大学医局にご相談ください。
  • 基本的に、採用条件は病院独自の後期研修医と同じです。なお、選考試験はありません。
診療部門
診療センター
がんセンター
中央診療部
医療安全管理部
感染制御部
医療情報部
患者・家族総合支援部
薬剤部
看護部
事務部
教育センター
教育センター
国際交流室
ライフサイエンス研究所

ご案内

外来診療受付時間:
(月~金)8:30~11:00

相談支援センター:
(月~金)8:30~17:15

ページの先頭へ戻る

個人情報の取扱いについてサイトポリシーリンク集サイトマップご意見・ご感想