本文へジャンプする

佐賀県医療センター好生館

文字サイズ:
小さく
標準
大きく

TEL:0952-24-2171 
FAX:0952-29-9390

〒840-8571 佐賀市嘉瀬町大字中原 400

交通アクセス

English

トップページ > 診療部門のご紹介 > 診療支援部門 > 薬剤部 > 主な業務(診療実績)

薬剤部

主な業務

調剤業務

 医師の処方箋をチェックし、重複投与、相互作用、投与禁忌などがないように、また、調剤ミスがないように鑑査を行っています。

 

yakuzai0001.jpg

 

抗がん剤化学療法管理・調製業務

 抗がん剤を受けられる患者さんが安心して治療を受けられるようサポートしています。その中でレジメンといわれる抗がん剤の投与スケジュールの管理、抗がん剤の処方チェック、および副作用のモニター等を行っています。さらに、抗がん剤については安全キャビネット内で調製しています。

 

yakuzai0002.jpg

 

薬剤管理指導業務

 患者さんの薬への不安を解消するために、病棟に出向き患者さんへ直接服薬指導を行っています。病棟担当薬剤師を配置し、入院患者さんに対する薬剤管理指導業務を通して、医薬品の適正使用やリスクマネージメントに務めています。

 

yakuzaieiyoshido001.jpg

 

院内製剤(特殊製剤)業務

 患者さんの病態・症状に応じ、医薬品として製造・販売されていない製剤を、安定性、効能・効果、用法・用量などを十分に考慮し調製を行っています。

 

yakuzai0004.jpg

 

医薬品情報業務

 主に医療従事者から医薬品に関する問い合わせに迅速に対応し提案しています。 また、薬事委員会や施設委員会などの資料も作成しています。

試験研究業務

 抗菌薬について高速液体クロマトグラフィーを用いて血中濃度測定を行い、薬物体内動態解析を元に個人に適した薬物投与計画行うなど、先端的な臨床研究に取り組んでいます。

 

治験薬管理業務

 施設審査委員会(IRB)の事務局として積極的に取り組んでいます。治験の実施状況については、 臨床研究・治験の実施状況をご覧ください。

 

院外処方実績

院外処方された医薬品一覧(期間:2014.04-2015.08)

院外処方された医薬品一覧(期間:2012.08-2013.01)

チーム医療

yakuzai0005.jpg

緩和ケア

当館には緩和ケア病棟が併設されています。薬剤師の役割は薬学的知識を活用し、患者さんや医療従事者に対し、オピオイド製剤を中心とする薬剤や痛み以外の様々な症状に対する薬剤の情報提供や適正使用を支援することにより、患者様の症状コントロール、身体的、精神的ケア、心のケア、家族ケアを行っています。また,緩和ケア科医師、精神神経科医師、専任看護師、栄養士、および臨床心理士など多職種メンバーからなる緩和ケアチームにおいても、薬剤師は薬剤情報提供や薬歴管理及び薬物治療の投与設定などを行っています。

感染症診療・感染制御

Infection Control Team (ICT) は、多職種から構成される感染制御チームのことです。ICTは院内感染対策委員会の下部組織であり、実質的に臨床で活動するチームであり、当館では薬剤師も医師、看護師、微生物検査技師、とともにチームの一員として活動しています。薬剤師の主な活動としては、毎朝のカンファレンス、毎週1回の環境ラウンドをはじめ、抗菌薬の使用状況の把握、血中濃度を指標とした個別化投与計画(TDM)に関する提案など感染症診療や感染対策に対し重要な役割を担っています。

栄養サポート

NST(Nutrition Support Team;栄養サポートチーム)は、医師、看護師、栄養士、薬剤師、検査技師などの多職種の医療スタッフで構成され、各々の専門的知識や技術を提供し、患者さんに最もふさわしい栄養管理を提言しています。薬剤師は週1回のカンファレンス・回診に参加し、各対象患者さんの薬歴、使用薬剤の情報を提供しています。さらに薬学的情報として、治療薬により経腸栄養チューブが閉塞しないか、輸液の水分量は適切か、相互作用・配合変化はないかなど考慮し、患者さんの経腸・静脈栄養剤の処方設計に関わっています。

糖尿病療養指導

糖尿病療養の目標は合併症の発症・進展阻止であり、長期的な血糖コントロールが必要となります。そのための基本は食事療法と運動療法であり、必要に応じて内服薬やインスリンを使います(薬物療法)。これらの糖尿病薬は血糖に作用するため、食事と深い関係があり特に注意が必要です。入院患者さまには低血糖を恐れず安心して治療が継続できるよう内服薬の種類や服用時間、効き目、副作用のほか、インスリン注射の注意点などひとりひとりに応じた説明を行っています。また当院では薬剤師のほかに医師をはじめ看護師、栄養士、検査技師などの様々な医療スタッフによる糖尿病教室を月2回開催し、チーム一丸となり患者さん自身による糖尿病療養の継続をサポートしています

認定施設

日本病院薬剤師会 がん薬物療法認定薬剤師研修事業 研修施設認定
診療科
診療センター
中央診療部門
診療支援部門
薬剤部
MEセンター
栄養管理部
医療安全管理部
医療情報部
組織横断的医療チーム
相談支援センター
地域医療連携センター
教育センター
国際交流室
看護部門
事務部門

ご案内

外来診療受付時間:
(月~金)8:30~11:00

相談支援センター:
(月~金)8:30~17:15

ページの先頭へ戻る

個人情報の取扱いについてサイトポリシーリンク集サイトマップご意見・ご感想