本文へジャンプする

佐賀県医療センター好生館

文字サイズ:
小さく
標準
大きく

TEL:0952-24-2171 
FAX:0952-29-9390

〒840-8571 佐賀市嘉瀬町大字中原 400

交通アクセス

English

トップページ > 診療部門のご紹介 > 診療支援部門 > 医療安全管理部 > 取り組み

医療安全管理部

取り組み

医療安全管理部は安全な医療の提供を目指して、診療および施設全般にわたる安全管理を業務とし、以下の9項目を実践しています。

  1. ヒヤリ・ハット報告及び事故報告の情報収集・状況把握を行うこと
  2. ヒヤリ・ハット報告及び事故報告のデータ収集および分析を行い、事故防止対策に繋げること
  3. 原則として毎日館内をラウンドし、医療安全に関する各部署の実態やマニュアルの遵守状況を把握すること
  4. 各部署のセーフティマネージャーと連携を図り、医療安全対策の遂行や業務改善に向けた活動を支援すること
  5. 医療安全に関する患者・家族および職員の相談に応じること
  6. 定期的に医療安全管理に関するマニュアルの見直しを行うこと
  7. 医療安全推進のキャンペーンの企画立案
  8. 医療安全管理に関する教育・研修会の実施
  9. 医療事故発生時の対応を行うこと

ヒヤリ・ハット報告システム

平成19年4月から電子化された報告システム(インシデントレポートシステム)が導入され電子カルテに使用しているパソコンからそのまま入力できて手軽に報告できるようになりました。どこからでもリアルタイムに入力ができ、入力者の匿名性は保たれます。又ヒヤリ・ハット報告は各部署で見ることができ、情報の共有に役立っています。
各部署のSM(Safety manager:医療安全推進者)の役割としてヒヤリ・ハット報告書の事例分析、業務改善、安全対策マニュアルの遵守状況把握等があります。またSMは医療安全研修会に出席し、参加できなかった職員に対してDVDによる研修に参加できるよう働きかけ職員への医療安全情報の周知に努めています。

医療事故報告

医療事故等発生時の対応及び報告手順に基づいて行います。

口頭報告

当事者・周りの職員は、GRM・上司・主治医に報告し、GRMは、医療安全管理部長に報告します。医療安全管理部長は、館長に報告します。

医療事故等報告書の提出

当事者・上司は、GRMに医療事故等報告書を提出します。GRMは、医療安全管理部長に提出し、館長に提出します。

医療安全研修会

職員の安全管理に対する意識を高めるとともに医療事故防止に繋げる目的で医療安全管理の為の研修を年に4回全職員参加を目標に実施しています。また、医師会・厚生労働省・日本医療機能評価機構等の研修会にも積極的に参加しています。

 

平成27年度 医療安全研修会
平成27年5月7日 平成26年度ヒヤリ・ハット報告
ME機器の適正使用について
平成27年9月3日 改正医療法への対応
―新しい医療事故調査制度について―
平成27年12月3日 静脈穿刺時の神経損傷の予防
筋弛緩薬誤薬事故に関する再発防止策について
平成28年2月4日 院内急変時の対応
平成28年度 医療安全研修会
平成28年6月2日 司法からみたインフォームドコンセント
平成28年9月1日 妊娠・授乳中の薬物の影響について
人工呼吸器の安全使用について

(平成28年9月1日現在)

診療科
診療センター
中央診療部門
診療支援部門
薬剤部
MEセンター
栄養管理部
医療安全管理部
医療情報部
組織横断的医療チーム
相談支援センター
地域医療連携センター
教育センター
国際交流室
看護部門
事務部門

ご案内

外来診療受付時間:
(月~金)8:30~11:00

相談支援センター:
(月~金)8:30~17:15

ページの先頭へ戻る

個人情報の取扱いについてサイトポリシーリンク集サイトマップご意見・ご感想