佐賀県医療センター好生館

文字サイズ:
小さく
標準
大きく

TEL:0952-24-2171 
FAX:0952-29-9390

〒840-8571 佐賀市嘉瀬町大字中原 400

交通アクセス

English

トップページ > 診療部門のご紹介 > 看護部門 > 看護部 > わたしたちの声 > 認定看護師

認定看護師

当館には現在14名の認定看護師(日本看護協会認定資格)がいます。

・感染管理認定看護師(1名)

・緩和ケア認定看護師(2名)

・がん化学療法看護認定看護師(2名)

・救急看護認定看護師(1名)

・集中ケア認定看護師(1名)

・摂食・嚥下障害看護認定看護師(1名)

・皮膚・排泄ケア認定看護師(2名)

・乳がん看護認定看護師(1名)

・がん放射線療法看護認定看護師(1名)

・脳卒中リハビリテーション看護認定看護師(1名)

・手術看護認定看護師(1名)

 その業務内容は各専門分野における看護実践や病棟や外来へのアドバイス、患者さんやご家族に対する指導や相談など各専門をいかしてクオリティの高い看護実践を行っています。

 

感染管理認定看護師  三好恵美子

miyoshi001.jpg

 

 感染対策は、知識や技術の習得だけにとどまらず、実践することが大切です。現場で実践、継続できる感染対策をめざし、各部門や各施設等と連携しながら活動していきたいと考えています。
感染対策について疑問や質問などありましたら、お気軽に相談ください。

 

 緩和ケア認定看護師  日浦あつ子

hiura001.jpg

 

 緩和ケアとは、がんに伴う心の苦痛症状を全人的(身体的、精神的、社会的、霊的)な視点で緩和し、がんの早期より患者・家族の生活の質を向上することを目的に多職種がチームを組みそれぞれ専門性を発揮して行うプログラムです。
私は現在、緩和ケア病棟看護師長として病棟管理に携わっていますが、入院中の患者・家族の相談支援や各専門職への橋渡しを行い、安心して穏やかな入院生活が送れるように支援しています。また、退院後も安心して緩和ケアが継続できるように、様々な医療機関のスタッフと連携をとり、ともに研修を行って“いつでもどこでも緩和ケア”が受けられるようにネットワーク作りを行っています。地域に広く緩和ケアが根付くことが私の願いです。

緩和ケア認定看護師  森直美

mori20.jpg

 

 “緩和ケア”は、がんの終末期にある患者さんだけに関わるケアではありません。
診断時から迅速で適切な緩和ケアを提供することは国の方針にもなっており、患者さん・御家族に対し、疾患の早期から行うものなのです。
手術、抗がん剤治療、放射線療法など、治療を受けられるどの時期にも、痛みや副作用症状など身体的苦痛や精神的苦痛などでつらくなることがあります。納得した医療や看護を受けられ、QOL(生活の質)が改善でき、その方らしく過ごすことを支えるために、専門的知識をもった医療チームで関わらせていただきます。
また、今後の療養場所にご不安のある方は、前もって緩和ケア病棟のご予約をお勧めしております。患者さん・御家族からのご心配やご相談はもちろん、ケアに携わる看護スタッフのご相談にも応じております。お気軽に声をかけてください。

がん化学療法看護認定看護師 佐保澄子

saho001.jpg

 

 外来化学療法室で専従看護師として勤務しています。がん化学療法看護認定看護師としての主な役割は、がん化学療法薬の安全な取り扱いと適切な投与管理・副作用症状の緩和およびセルフケア支援です。
がん化学療法(抗がん剤治療)は日々進歩しており、分子標的薬や抗がん剤などの開発とともに、治療法も複雑になってきています。国民の二人に一人が“がん”にかかるといわれていますが、がんになっても普段とかわりない生活がおくれるよう、抗がん剤治療の分野で、専門的知識のもとに、患者・ご家族の皆様の力となれるよう努めていきたいと思います。どうぞ宜しくお願いします。

がん化学療法看護認定看護師  岸副登記子

kishizoe001.jpg

 

 がん化学療法を受ける患者さんとご家族が、安全に安心して治療が受けられる環境づくりを目標に掲げ、血液・腫瘍内科病棟に勤務しています。治療の不安と副作用を少しでも軽減し、安心して外来へ移行できるように、外来と連携を取りながら副作用のサポートを重点に行っています。患者さんとご家族へ治療に必要な情報を提供し、納得した意思決定を支える看護を目指していきたいと考えています。

救急看護認定看護師  永吉久美子

nagayoshi07.jpg

 

 救急というとなじみがないように感じる方も多いと思います。救急看護認定看護師は病院内外の救急現場、救急車来院患者の対応やその家族へのケアをおこなっています。また、休日夜間の救急外来トリアージでは来院される方の中から生命の緊急度・重症度の高い方を見つけすぐに対応したり、診察調整をしています。
院内では、急に状態が悪くなった方の初期対応や病院およびスタッフ、来院される方々の緊急時の対応と対策をおこなっています。緊急時の対応はもとより、来院される方々の相談にも応じて安心した生活ができるよう援助していきたいと考えています。

集中ケア認定看護師  山本晶子

yamamoto001.jpg

 

 2002年に集中ケア認定看護師の資格を所得し、今年7月に2回目の資格更新をし、現在は救命救急センターに勤務しています。
昨年からフィジカルアセスメント研修など院内の集合教育を担当する機会が増え、集中ケア認定看護師への認知度が少し広まったかな?と感じる今日この頃です。そして、今後もスタッフ教育を通じて「わかりやすい!」と言ってもらえるような教育の場が作れるよう頑張りたいと思っています。

摂食・嚥下障害看護認定看護師  北原真由子

sessyoku.jpg

 

 私は、2011年6月に摂食・嚥下障害看護認定看護師の免許を取得しました。現在6階西病棟で勤務しています。摂食・嚥下とは日常何気なく行なっている「食べる・飲み込む」という行為のことです。口から食べることは当たり前のようですが、これは神経や筋肉が複雑に関連し合いはじめて成り立つ機能です。この機能は生体への栄養を取り込むということだけでなく、おいしく食べることをとおして幸福感や活力の源として影響するものといえます。
摂食・嚥下障害看護認定看護師の役割は、「食べる・飲み込む」という機能を失った方の障害を評価し、個々の計画、立案、実施をするとともにスタッフへの指導や相談に応じることを主としています。活動はスタートしたばかりですが徐々に横断的活動を広げ、一人でも多くの方の機能回復に役立ちたいと思っています。

皮膚・排泄ケア認定看護師  江口忍

eguchi001.jpg

 

 皮膚・排泄ケア認定看護師としての役割は、創傷・ストーマ・失禁ケア領域で専門的な資格や知識・技術を活かし、患者さんやご家族の療養上の不安や悩みに応え、その人らしい生き方を大切にしたケアを心がけ、安全で安楽な生活を支援する事ができる認定看護師で在りたい。そして、信頼関係を築き、遣り甲斐のある日々を送りたいです。又、院内はもとより、地域・多職種との連携を実践し、指導、教育にも力を入れ必要とされる看護師を目指します。

皮膚・排泄ケア認定看護師  稲富悦子

inadomi001.jpg

 

 皮膚・排泄ケア認定看護師の役割は、褥瘡のケア・管理、加齢や治療により生じる脆弱な皮膚へのスキンケア、人工肛門・膀胱の術前から社会復帰へのセルフケア、排泄障害により生じる皮膚障害のケアです。私は褥瘡専従として褥瘡が発生しないための予防的ケアや、褥瘡のある患者さんには褥瘡対策チームで回診を行い、治癒促進のためのケアを行っています。

乳がん看護認定看護師  小野由喜子

ono001.jpg

 

 乳がんの治療は、その人その人で違い、長く向きあっていかなければなりません。乳がん看護認定看護師は、診断や治療の中で患者さんの不安に寄り添いサポートしていく役割があります。治療方針を決める時のサポートや情報提供、手術後のリハビリテーション、補整下着やパッドの選択、リンパ浮腫の予防方法、日常生活の留意点など専門的知識を使って、患者さん自身が生活で困らないようにサポートしていきます。医師や薬剤師、栄養士など他職種と連携をとって、患者さんやそのご家族の不安が少しでも軽くなり「自分らしい」生活が送れるように役立てたらと思います。

がん放射線療法看護認定看護師  白谷みのり

shiraishi001.jpg

 

  近年がん放射線治療は臓器温存や身体への侵襲が少ないことからも、集学的治療としても放射線治療を受ける患者さんは増えています。
  がん放射線療法看護認定看護師として、患者さんとその家族の方が、初めて受ける治療を不安なく、安心して受けることが出来るよう治療説明の段階から同席を行ない、不安な点や不明な点がないかの確認を行ない、必要に応じ理解できるよう説明を行なっています。また治療期間が長期にわたるため、放射線治療に伴う有害事象の低減・予防に繋がるよう、治療開始時より患者さんに応じたセルフケア支援や、治療の経過中など疑問点が生じた際には相談しやすい存在となるよう心がけています。患者さんの疑問点など必要に応じ放射線治療医へ情報を伝え、的確な指導・説明が出来るよう、また安心して治療を受けることが出来るよう治療環境を整えて行きたいと考えています。

脳卒中リハビリテーション看護認定看護師 徳永香里

tokunaga001.jpg

 

  脳卒中は突然発症することが多く、重症の場合は生命の危機にさらされます。そして「話す」「食べる」「歩く」「排泄する」等の「生活していく能力」を障害されることが多い病気です。
脳卒中リハビリテーション看護認定看護師の役割として、発症直後から重篤化回避のための観察や看護ケアを行います。また集中治療と同時に「生活していく能力の再獲得」に向けて取り組んでいきます。そして当院での集中治療が終了し、回復期リハビリ病院へ転院された後も、患者さん・家族が望んでおられる看護や生活リハビリが継続して行えるように、医師・看護師・リハビリスタッフ・薬剤師・管理栄養士・ソーシャルワーカーの橋渡し役となりチーム医療に貢献していきたいと思います。
脳卒中は再発することが多い病気でもあります。再発予防のための健康管理について患者さんや家族に対して相談に応じ、患者さんの機能回復に役立ちたいと思います。

 

 

手術室看護認定看護師 草場智恵子

kusabachieko.jpg  手術室に勤務し、手術を受ける患者さんの心理的支援・手術や麻酔による合併症の予防・手術器材の安全な管理を行っています。手術看護の対象は手術を受ける患者さんやその家族です。期待と同時に不安をもつ患者さんや家族に寄り添い、安心して安全な手術を受けていただけるよう看護していきたいと思っています。手術はチーム医療であり、医師や技師などの多職種と協力し周術期の早期回復を目指します。

ページの先頭へ戻る

個人情報の取扱いについてサイトポリシーリンク集サイトマップご意見・ご感想