ページの先頭です

ページ内を移動するためのリンク
本文(c)へ

初期臨床研修医 原 優実

First medical intern

佐賀県医療センター好生館、基幹型研修医2年目の原 優実と申します。

                           2020.11.2

TOPIC 01

好生館を選んだ理由

当院での研修の最大の魅力はやはり、Walk in外来にて初期診療を経験できることです。研修医が一人の患者さんに対し診察、診断、治療といった一連の流れを全うできる機会はどこにでも存在するものではありません。もちろん研修医単独で拠り所のない診療を行うのではなく、上級医からの指導や教育を受けながら診療にあたることができるので、実践力を身につける上ではどんな文献に目を通すよりも有意義であるように思います。 また他職種スタッフの方々と連携できる機会が多く、一つの物事に対してでも、色々な人の色々な角度からの考えを学ぶことがでるため、人間的にも豊かな医師が育つ環境は充実していると思います。職種の垣根を越えて廊下ですれ違う際にはスタッフ間で必ず挨拶が飛び交う、そんな明るい病院での研修生活はとても楽しく充実していますよ。

TOPIC 02

自分にとってのやりがい

ありきたりであるとは思いますが、患者さんに“ありがとう”と言われる瞬間です。患者さんの命を預かる仕事であり、自分達の下すささいな判断により患者さんの将来が左右される、そう思うと責任感やプレッシャーは計り知れません。時には疲労困憊してしまうような日もあります。しかしながら、日々患者さんから貰える感謝の言葉、笑顔には寧ろ自分自身が救われており、自分が医師として生きる意味すら与えて貰っているようにも思えます。 まだまだ未熟ではありますが、患者さん・ご家族のQOLや社会的背景まで配慮し包括的にマネジメントできる医師になれるよう精進していきたいと思います。

PAGE
TOP