ページの先頭です

ページ内を移動するためのリンク
本文(c)へ

教育体制

好生館の看護職には、佐賀県民の病院として基本理念を実現するために、高度専門医療及び地域で必要とされる医療を担うチームの一員として、看護の専門性を発揮することが求められます。看護部では、看護職員個々のキャリア発達をサポートするために「看護職キャリアラダー」を導入し、ラダーレベルに応じた現任教育を行っています。

教育プログラム

教育目的

看護部理念に基づき時代の変化に対応し、専門職として自律した看護職を育成する

教育目標

  1. 根拠に基づいた看護実践ができる看護実践能力 理論と実践の統合 最新の知識と技術
  2. 医療チームの一員としての役割が遂行できるように、問題解決能力や判断力を身につける
  3. 専門職業人として成長していくため、主体的に継続学習ができる

2020年度看護職員院内研修計画

新人看護職員教育

新人看護職員教育は、キャリアを形成していく最初の段階であり、ラダーレベルⅠを目指す教育の中に含んでいます。新人看護職員に対してはプリセプター体制をとり、Off-JT(集合教育)とOJT(現場教育)を連動させた新人看護職員教育を行います。また新人看護職員が臨床現場に順応し看護実践能力を修得できるように、全職員が新人看護職員に関心を持ち支援し、指導をとおし共に成長できることを目指しています。

新人看護職員教育目的

  1. 新人が臨床現場に順応し、社会人、好生館職員としての自覚と責任を持てるようになる
  2. 助言・指導を受けながら専門職としての姿勢や態度、看護実践に必要となる基本的な知識と安全な看護技術を習得し成長することができる

新人看護職員教育目標

  1. 組織の一員及び看護専門職としての自覚と責任がある行動がとれる
  2. 助言・指導を受け根拠に基づいた看護実践に必要な基礎的知識や技術、態度を習得する
  3. 受け持ち看護師の役割に基づき、助言・指導を受け看護を実施することができる
  4. 助言・指導を受けながら自己の課題を見つけ、課題達成のために自己研鑚する姿勢を身につける

新人看護職員を支える教育体制

看護部では人を育てるのに望ましい体制として、新人看護職員教育にはプリセプター体制を導入し、全職員が新人に関心を持ち支援し、指導をとおして共に成長できるようにしています。また看護部に新人看護職員教育体制を整備し、各部署のプリセプターを支援しています。

教育体制の図

新人教育年間スケジュール

4月
基礎看護技術、医療安全、感染管理
5月
基礎看護技術、看護過程(1)
6月
基礎看護技術
7月
看護過程(2)
8月
9月
看護過程(3)、ストレスマネジメント、フォローアップ研修
10月
11月
12月
フォローアップ研修
1月
看護過程(4)
2月
フォローアップ研修
3月
看護実践報告会

看護職キャリアラダー

看護職の継続教育や臨床実践能力は、臨床における経験年数の区切りではなく、それぞれの臨床実践能力のレベルに応じた仕組みをつくる必要があります。組織のニーズと個人のニーズを統合させ好生館の看護の質を高めるために、「看護の核となる実践能力(クリニカルラダー)」、「組織的役割遂行能力」、「自己教育・研究能力」の3つの領域が必要であると考え、キャリアラダーの考え方を導入し、教育体制を整備しています。

看護職キャリアラダーの図

キャリア支援

当院には、看護職キャリアラダーに応じた教育を整備し、働きながらスキルアップしたい人、専門的な知識や技術を身に着けたい人等、看護職員個々のニーズに応じた支援を行っています。また、大学院進学や認定看護師教育課程など、長期研修を受講する場合は各種制度も充実しています。
さまざまな種類の資格を持つ看護職員が活躍し、現場の看護ケアの質向上や自分自身の仕事のやりがいにもつながります。

キャリア研修

  • 各専門領域研修
    がん看護、緩和ケア、認知症ケア、救急、急性期、小児母性
  • 養成研修
    医療安全、臨地実習指導者、トリアージナース、DMAT、各種コーディネータ、各種指導士
  • 認定看護管理者研修
    ファースト、セカンド、サードレベル
  • 海外研修
  • 認定看護師教育課程(費用支援)
  • 大学院社会人コース(修士・博士)
  • 専門領域・大学院進学
  • 看護師の特定行為研修

キャリアを支援する施設設備

職員図書館の図

職員図書館

研修棟の図

研修棟

看護シミュレータ室の図

看護シミュレータ室

キャリア支援室の図

キャリア支援室

PAGE
TOP