ページの先頭です

ページ内を移動するためのリンク
本文(c)へ

各部署紹介

各部署をクリックすると詳細をご覧になれます。

  •  8階東病棟は、ベッド数は51床と院内でも一番多く、東西に病床を有し、呼吸器疾患全般及び、急性期から慢性期まで幅広い患者さんに対応しています。2019年2月より新型コロナウイルス肺炎患者さんの受け入れを行い、感染予防対策、症状緩和に尽力しています。また、眼科では高齢者の6大疾患の1つといわれる白内障の手術や角膜移植など視力低下に悩む方々も対応しています。退院後に患者・家族が困らないよう面談を重ね、状況にあわせた支援を行っています。いつでもご相談ください。

    診療科
    呼吸器外科・呼吸器内科・眼科
    病床数
    51床
  •  7階東病棟は、消化器外科・肝胆膵外科の44床の外科病棟です。年間約750~800件の手術を行っており、手術前後の管理と退院に向けての指導を行っています。消化器疾患は、栄養管理や排泄ケア、人工肛門等の管理が大切であり、高い専門的知識・技術を提供するため日々自己研鑽に努めております。入院や手術に際して、入院前から入退院支援センターと連携を図り、患者さんや家族の方が安心して治療を受けられるよう医師・看護師・薬剤師・理学療法士・栄養士・医療ソーシャルワーカー等と協働しています。手術後は、早期離床・異常の早期発見や合併症予防に努めています。
     また、終末期の患者さんに対しては、緩和チームと連携を図りながら、疼痛コントロールや精神的サポートを行い、患者さんやご家族の意向に添った看護をおこなっています。

    診療科
    消化器外科・肝胆膵外科
    病床数
    44床
  •  7階西病棟は、47床で消化器センター(肝胆膵内科・消化器内科)と泌尿器科の病棟で急性期から慢性期、終末期まで対応しています。
     肝胆膵内科では、肝臓・胆のう・膵臓疾患の患者さんが治療を理解し自己管理ができるように肝炎コーデイネーターを中心に外来と連携しながら援助をしています。また、消化器内科では消化器疾患の検査・治療などを行っており、退院時も生活指導にも力を入れています。
    泌尿器科は内視鏡治療や外科的治療が行われ、生活にあわせた援助ができるように皮膚排泄ケア認定看護師とともにケアを行っています。
     患者さんやご家族が安心して手術、検査治療に臨めるように医師、看護師、薬剤師、理学療法士、ソーシャル・ワーカーなど他職種のスタッフが情報の共有を行い、患者さんとご家族に寄り添い、退院後も困らない看護の提供に力を注いでいます。知識技術と患者さんに親身になれる心を持って患者さんの入院生活を全力で支えていきます。

    診療科
    消化器内科・肝胆膵内科・泌尿器科
    病床数
    47床
  •  6階東病棟は循環器内科・心臓血管外科からなるハートセンターと総合内科の45床の病棟です。血管内治療や心臓手術を行う急性疾患や心不全などの慢性疾患など多岐にわたる患者さんが入院しています。患者さんが不安なく治療や手術ができ、理学療法士・栄養士・薬剤師・MSWなどと退院後の生活の問題点を考え患者さんとともに目標を決定できるような支援を行っています。

    診療科
    循環器内科・心臓血管外科・総合内科
    病床数
    45床
  •  6階西病棟は、脳神経外科・脳神経内科・脳血管内科からなる脳神経センターと耳鼻いんこう科の病棟です。病床数は33床あります。脳神経センターは、脳血管及び脳神経障害、脳腫瘍等で手術や治療、リハビリを必要とする患者さんが入院されています。動くこと、食べること、話すこと等の機能回復と在宅での生活を目指し、患者さんを中心として医師や看護師や理学療法士、作業療法士、言語聴覚士や医療ソーシャルワーカー等の専門職が連携し、一人ひとりの患者さんに合った支援に努めています。耳鼻いんこう科は、多くの患者さんは手術のために入院されます。丁寧な説明を行い安全、安心して手術を受け退院できるように努めています。

    診療科
    脳神経外科・脳神経内科・脳血管内科・耳鼻いんこう科
    病床数
    33床
  •  5階東病棟は産婦人科、新生児の30床の病棟です。昨年度の診療実績は、産婦人科手術710例、分娩236例(うち帝王切開97例)で、婦人科の化学療法も行っています。婦人科は、子宮筋腫や卵巣腫瘍をはじめとした手術を受ける方が多く入院されます。経験豊富な看護スタッフが退院後の生活も考慮して支援しています。産科では、助産師が妊婦健診の時期から退院後の健診まで、一人ひとりの状態に合わせて医療ソーシャルワーカーや臨床心理士と共に関わらせていただき、バースプランを聞きながら、可能な限り叶えられるように努めています。助産師によるアロママッサージや、退院時の産科医からのDVDプレゼントも好評です。また、低出生体重児や小児科や小児外科の治療を必要とする新生児の看護にあたっています。ゆったりと療養できるように、また満足がいくお産ができるように、病棟内には静かな音楽を流し、入院されている方やご家族の声を大切にして、安心して入院生活が送れるように努めています。

    診療科
    周産期・産婦人科
    病床数
    30床
  •  5階西・南病棟は小児センターでベッド数は25床です。小児科・小児外科をはじめ耳鼻科・整形外科など多岐にわたる診療科の子どもたちが入院しています。対象年齢は0~15歳で、急性期疾患が主ですが、他にも手術や長期間治療が必要な子どもたちが入院されています。入院中は保育園・幼稚園・学校に行けない為、病棟保育士と協力し夏祭りやクリスマス会などのレクレーションや制作活動を提供しています。初めて経験する手術や入院生活の中でも、健やかに成長できるよう配慮し、子どもや家族にとって安心できる環境を提供できればと思っています。

    診療科
    小児科・小児外科・小児共通
    病床数
    25床
  •  5階西・北病棟は、乳腺外科を主とした19床の女性専門病棟です。乳がん看護認定看護師を含む看護師、看護助手による、きめ細やかな看護を目指しています。医師・薬剤師・栄養士・がん専門外来・医療ソーシャルワーカー・症状緩和目的の緩和ケアチーム等、患者さん一人ひとりの状態に合わせて様々な職種で対応しています。乳腺外科の他に肝胆膵内科・整形外科の女性患者さんも多く入院されます。患者さんとご家族が望まれる退院後の生活を一緒に考えながら、退院に向けて支援します。病棟の壁は明るい、愛らしい絵が描かれています。入院中の心を少しでも和ませて頂けたら幸いです。

    診療科
    乳腺外科・女性共通
    病床数
    19床
  •  4階東病棟は、整形外科病棟です。病床数は37床あり、事故や転倒による骨折や脊椎の疾患、膝や肩、股関節などの疾患で手術を必要とする方が多く入院されます。私たちは、患者さんの日常生活の質が向上することを目的として日々サポートを行っています。医師、看護師、理学療法士、作業療法士、医療ソーシャルワーカー、ナースエイド、病棟クラークなどの多職種が連携し、患者さんの背景を踏まえ、安心した生活を過ごせるような退院支援を入院時より行っています。同じフロアー内には、リハビリテーションセンターがあり、庭園を眺めながらリハビリテーションが行える環境にあります。スタッフ一同、患者さんや家族と共に話し合いながら、安心・安全の看護を提供していきます。

    診療科
    整形外科
    病床数
    37床
  •  4階西病棟は主に血液内科病棟です。病床数は無菌室10床・特別室1床を含む35床で構成されています。主に化学療法や造血幹細胞移植を受ける患者さんの治療・看護を行っています。病気の治療には半年ほどの期間が必要となります。このため、長期に病気と向き合い治療を受けられる患者さんやご家族が安心して入院生活が送れるように日々ケアを行っています。また、薬剤師・栄養士・理学療法士・作業療法士・医療ソーシャルワーカーなど多職種で「その人らしさ」を大切した支援ができるようにチームで取り組み、よりよい医療・看護を目指しています。

    診療科
    血液内科
    病床数
    35床
  •  3階西病棟は、腎センター・糖尿代謝内分泌・形成外科の混合病棟です。さらに、病棟内には20床の透析室があります。糖尿病を基礎に腎臓病や形成外科の疾患を合併する事例も多いので、3診療科の垣根を越え、また多職種でのチームで診療やケアを行っています。透析においては、導入前より継続的に教育を行い、臨床工学士も一緒に安全面に留意し安心して透析がうけられるようにしています。私たちは、患者さんが病気をもちながらもできるかぎり自分らしい生活ができることをめざしています。

    診療科
    腎臓内科・糖尿病代謝内科・形成外科
    病床数
    20床
  •  緩和ケア病棟は、がんにたいする積極的な治療は行わず、症状を緩和して病気と付き合いながら、よりよい時間を過ごしてもらうことを目標としています。病棟には共同キッチンや家族控え室等があり、家族の面会や付添も自由にでき、家庭に近い状態でゆっくりと過ごしていただくための環境を提供しています。また、患者さんと家族の様々なニーズに応えるため、医療スタッフ(主治医、看護師、薬剤師、栄養士、理学療法士、医療ソーシャルワーカーなど)がチームとしてサポートし、自宅に帰りたいという希望を支え、地域の在宅ケアへつなぐ役割も果たしています。
     私たちは「大切なひととき」を自分らしく過ごしていただけるよう、何かをするのではなく、傍にいることを大切にします。

    診療科
    緩和ケア科
  •  脳卒中ケアユニット(SCU)は、平成31年4月に新設され、病床数は9床です。SCUは、急性期脳卒中の患者さんを受け入れる専門病床です。専門医療スタッフが「患者さん一人ひとりに迅速で丁寧な診療、丁寧な看護、丁寧なリハビリテーション」をモットーにチームワークを図り治療やケアを行います。3対1の濃厚な看護、早期からのリハビリテーションを行っています。動くこと、食べること、話すこと等の障害により悩まれている患者さんに寄り添い、患者さんとご家族が新たな生活を再構築していけるように、チーム医療を推進しています。また、患者さんの些細な症状変化に早期に対応し、機能維持及び向上ができるように日々尽力しています。

    病床数
    9床
  •  集中治療部は8床のベッドを有し、病院内外の重症患者の受け入れをしています。
     心臓血管外科、脳神経外科、呼吸器外科、消化器外科などの術後管理や緊急入院の対応を24時間365日、2対1看護体制で行っています。小児から成人までを対象としており、人工呼吸管理やECMO(体外式膜型人工肺)、血液浄化などの特殊治療をしながら全身状態を管理しています。
     リハビリテーションや栄養・薬剤管理、褥瘡対策、口腔ケア、精神科リエゾンなど横断的サポートチームと協働して患者さんの回復を援助しています。看護師は常にベッドサイドで患者・家族に寄り添い、言葉に出来ない患者の声に耳を傾け、全身管理をしながら安全・安心・安楽・自立を考え日常生活援助を提供出来るように心掛けています。

    病床数
    8床
  •  救命救急センターは20床の入院病床と救急外来を担当しています。好生館は、3次救急医療機関として24時間体制で患者さんを受け入れています。重篤な救急患者の診療を他職種と連携を取りながら、質の高い医療の提供、患者のより良いQOLの確保と自立に向け取り組んでいます。
     好生館では、救急患者の初診診療のさらなる充実を目指し、ドクターヘリの診療も行っています。ドクターヘリは2014年より佐賀大学病院と協同で運行を開始しました。病院前診療・救護の場では専門的な研修を受けた看護師たちが活躍しています。
     私たちは、緊迫し限られた時間の中でも患者さんやご家族の声に耳を傾け、一人ひとりを大切に看護の提供を目指しています。

    病床数
    20床
  •  手術部は、病院3階の南東に位置し、家族待合室近くには庭園もあります。庭園は周りの景色も含め季節が感じられる空間です。当院の2019年度の手術件数は、5910件で緊急手術は855件でした。緊急手術にも常に対応できるよう体制を整えております。患者さんの年齢層は生後間もない赤ちゃんから100歳を超える方までと幅広く、看護師はそれぞれの手術と患者さんの状況に応じた看護を行っております。手術の不安を少しでも和らげられるように、手術前に患者さんやご家族からお話を伺い手術の流れを説明しております。
     現在、手術室は9室あり、21診療科の手術を行っております。先進医療のロボット手術(ダヴィンチ)も実施しています。清潔度を保った明るい手術室で麻酔科医、各診療科の医師、看護師、臨床工学技士、放射線技師等、多職種が協同しながら患者さんに安心・安全な手術を行えるように努めております。

  •  1階正面玄関を入ると天井いっぱいに設置されたステンドグラスが明るく優しい日の光でエントランスホールを包んでくれます。外来は1階と2階に設置されており、32の診療科が12の受付ブロックに分かれて診療を行っています。毎朝、ボランティアの皆様が活動されており、受付の手続きや場所の案内など、患者の皆様が安心して診療を受けられるように支援していただいています。
     私たち外来看護師は、がん看護療法認定看護師、糖尿病療養指導士、認定排泄ケア専門士、肝炎コーディネーター、フットケアなど専門的な知識を習得し、患者さんとご家族の皆さんに安心で安全な医療の提供を目指しています。また、患者さんがより自分らしく日常生活が送れるように支援させていただきます。

  •  放射線部は放射線部と内視鏡室が一つの看護単位として、看護師19名(病棟看護師6名含む)で対応しています。
     放射線部では、CT・MRIなどの画像検査や心臓・脳・下肢のカテーテル検査や治療、消化管出血や外傷による出血に対する血管塞栓術などの検査や治療を行っています。
     また、放射線治療部門では、がん全般の放射線照射を専門医中心に専従の放射線技師、がん放射線療法看護認定看護師などにより、患者さんへのきめ細やかな援助を行っています。
     内視鏡室では、内視鏡的治療が可能な早期がんや良性・悪性腫瘍について治療を行い、特に最近は消化管の早期がんに対し、内視鏡的粘膜下剥離術(ESD)を積極的に行っています。消化器内視鏡技師資格を持つ看護師も従事しています。
     放射線部の看護師は、医師や放射線技師など他職種と連携を行い、患者さんがより安全に安心して検査や治療を受けることが出来るように、一人ひとりの患者さんを大切に援助しています。

  •  少子高齢化や在院日数の短縮が進む中、患者さんが治療をうけ安心して暮らしに戻るためには、必要な支援を早期から行うことが必要です。入退院支援センターは、入院が決まった時から看護師・薬剤師・栄養士・医療ソーシャルワーカーの多職種で関わります。入院までの検査や診察のスケジュール管理や、入院後の生活や治療スケジュールの説明を行います。さらに身体的・精神的・経済的に問題となる事柄を把握し、入院前から介入し、関連する部署や職種につなぎます。患者さんが必要な準備をして、安心して入院生活に臨み、治療を受け、暮らしに戻ることができるように入院前から退院後まで切れ目のない支援をめざしています。

PAGE
TOP