本文(c)へ

ページの先頭です

看護学院の特色

Features

佐賀県医療センター好生館看護学院は、地方独立行政法人佐賀県医療センター好生館を母体とし、佐賀県内で就業する助産師(修業年限1年)と看護師(修業年限3年)を養成する養成所です。令和2年4月に、佐賀県立総合看護学院から設置者を変更し、新たな看護学院としてスタートいたしました。

本学院は、佐賀県の基幹病院である佐賀県医療センター好生館と同法人に属することになりました。これまで求められていた佐賀県内に就業する看護職員を養成するという役割に変わりはありません。今後は、より一層病院との連携を深め、統合のメリットを活かし、共に育てるという認識のもと教育を進めてまいります。

  1. 充実した講師陣
    基礎分野は佐賀大学などから、専門分野は好生館をはじめ医療の第一線で活躍している医師や看護師、助産師などが講義
    学内は、ベテランの専任教員
  2. 人間理解を中心としたカリキュラム
    看護の基礎は人間理解と考え、人間学やキャリア論で学びを深めます。
  3. 充実した実習体制
    実習施設は、佐賀県医療センター好生館をはじめとした県内の地域と密着した施設を確保
    臨床の指導者と連携した実習指導体制
  4. 学生に寄り添った教育体制
    学業や生活面などについて学生が相談しやすい担任制
  5. 学生ひとりひとりに寄り添った指導
    高い県内就職率
    約7割の学生が、県内の基幹的総合病院に就職