本文(c)へ

ページの先頭です

理事長挨拶・学院長挨拶

Greeting

理事長挨拶

Chairman Message

高い倫理観に基づく生命尊重と深い人間理解を基盤に、社会に貢献できる看護のスペシャリストへ。
理事長 桐野 髙明

佐賀県立総合看護学院は令和2年4月、佐賀県医療センター好生館と統合され、佐賀県医療センター看護学院として開校することになりました。学院は明治29年(1896年)に好生館が佐賀県立好生館病院となったことを受けて、その3年後に好生館附属看護婦養成所として設立されたのがそもそもの始まりです。従って、一度好生館からは離れ県立の看護学校としての歴史を歩んできましたが、ここに再び一体として運営されることとなったわけです。優れた看護師を養成することは医療機関の重要な役割の一つであり、学院が発展していくように、好生館として力を尽くしていきたいと思います。

佐賀県の18歳人口は約8500人です。その約半数が女子とすると、佐賀県ではほぼ6-7人の女子に一人の割合で看護師となります(男子の看護師が7%として概算しています。また県からの流入・流出を算定していないので、おおよその目安です。)。看護師は女性の職業として最もメジャーな職種であり、また助産師は女性でなければなれません。しかし、このように佐賀県の看護学校で多数の看護師を養成しても、佐賀県に残ってもらえず他県に就職される場合が多いようです。できれば佐賀県で仕事をしていただけるように、好生館としても努めたいと考えております。

高齢化時代を迎え、医療における看護師の役割はますます大きくなっています。医療機関の顔は看護師であるとも言われています。また患者さんの病状の変化をこまやかに把握し、それを指摘できるのも看護師が多いのです。優れた看護師が働いていることは医療機関のみならず、佐賀県民の皆さまにとってもきわめて重要であり、またありがたいことではないか思います。好生館看護学院がこれからも優秀な看護師を輩出して行くことを祈念して、ごあいさつといたします。

辛く落ち込んだ人の立場に寄り添い、人の痛みを感じ取れる「惻隠の情」をもつ看護師の育成を目標としています。
学院長 佐藤 清治

本学院はその起源として、明治32年の佐賀県立病院好生館附属看護婦養成所に始まり、同看護婦学院、佐賀県立高等看護学院、佐賀県立衛生専門学院、佐賀県立総合看護学院へと引き継がれてきました。120年もの歴史と伝統を有しており、常に佐賀県の中核となる看護職養成施設として、現在までに4,000名以上の卒業生を送り出してまいりました。

平成6年に新築移転開設された佐賀県立総合看護学院は、看護学科、保健学科、助産学科の3科でしたが、この度令和2年4月より地方独立行政法人佐賀県医療センター好生館を運営母体として生まれ変わり、同時に社会情勢の変化に伴い保健学科が閉科となり、看護学科、助産学科の2科での新たなスタートとなりました。

看護職は、人の命に直結するという責任を伴い、かつ患者さんの心に深く関わることが求められます。本学院では、病気の人に生きる力を与え、病を乗り越える力を与える医療技術と幅広い教養を身につけていただき、辛く落ち込んだ人の立場に寄り添い、人の痛みを感じ取れる「惻隠の情」をもつ看護師の育成を目標としています。

好生館が運営母体となることで、より臨床現場に近い環境で学ぶことができ、教職員一丸となってサポートいたします。崇高な看護職を目指す、熱意ある学生の入学をお待ちしています。