本文へジャンプする

佐賀県医療センター好生館

TEL:0952-24-2171  
FAX:0952-29-9390

〒840-8571 佐賀市嘉瀬町大字中原 400

トップページ > 診療部門のご紹介 > 診療部 > 循環器内科 > 診療内容(対応疾患等)

循環器内科

診療内容

 好生館循環器内科では、心臓血管外科とともに循環器グループとして、地域の医療機関との連携の下に、循環器疾患に広く対応しています。かかりつけ医から紹介いただいた患者さんを診察する高度医療を行っており、主な診療内容としては虚血性心疾患、心不全、不整脈でありますので、それらについて紹介します。

虚血性心疾患(狭心症、心筋梗塞)

 狭心症とは、心臓の表面を走っている冠動脈の狭窄または攣縮によって心臓への血流が妨げられるために生じる病気です。一般的には、胸痛などの症状が運動時に認められる場合は冠動脈の狭窄が、安静時に認められる場合は冠動脈の攣縮が疑われます。病態によって薬剤や治療方針が異なってきますので、きちんとした診断を行うことが大切です。
 診断のステップとしては、それぞれの症状、診察、検査(心電図、採血、心エコー、胸部レントゲンなど)結果に基づいて、必要に応じて運動負荷心電図、心筋シンチ、心臓CTなどの検査を追加し、調べて行きます。まずは外来で検査を進めていきますが、狭心症の可能性が高いと判断した場合は、入院して心臓カテーテル検査を行います。それらの結果で、薬物療法、カテーテル治療(PCI)、バイパス手術のいずれが適切であるかを判断します。
 また、冠動脈病変が進行し、閉塞すると心筋梗塞となり、命に関わることがあります。できるだけ早く詰まった冠動脈の血流を再開させることが大切ですので、必要があれば夜間や休日も心臓カテーテル検査および治療を行える体制をとっています。

心不全

 心不全とは、心臓のポンプ機能が障害されたために生じる一連の症候群です。心臓のポンプ機能が障害されると、静脈から動脈へ十分な血液を駆出できなくなるため、肺うっ血や全身の浮腫が生じます。急性期は、利尿薬や強心薬などを用いて、血行動態の改善を目標に治療を行っていきますが、長期的には、心臓のポンプ機能が低下した原因を明らかにし、それに対する治療を行うことが大切です。主な原因としては、心筋梗塞、弁膜症、心筋症などが挙げられますが、心臓カテーテル検査などの検査でこれらを鑑別し、ベータブロッカーなどによる薬剤療法、カテーテル治療、外科治療、再同期療法(CRT)などを行ってきます。

不整脈

 不整脈とは、心臓の調律の乱れの総称です。不整脈には、脈が飛ぶ場合(期外収縮)、脈が遅い場合(徐脈)、脈が速い場合(頻脈)の3つがあり、それぞれ治療方針が異なります。心電図、心エコー、ホルター心電図などによる診断を進めて行き、治療法を決定します。適応があれば、徐脈性不整脈に対してはペースメーカー移植術を、頻脈性不整脈に対してはカテーテル治療(アブレーション)や埋め込み型除細動器移植術(ICD, CRT-D)を行います。

ページの先頭へ戻る

個人情報の取扱いについてサイトポリシーリンク集サイトマップご意見・ご感想