本文へジャンプする

佐賀県医療センター好生館

文字サイズ:
小さく
標準
大きく

TEL:0952-24-2171 
FAX:0952-29-9390

〒840-8571 佐賀市嘉瀬町大字中原 400

交通アクセス

English

トップページ > 診療部門のご紹介 > 診療科 > 耳鼻いんこう科 > 診療内容(対応疾患等)

耳鼻いんこう科

診療内容

 基本的には耳鼻いんこう科領域の病気にはすべて対応しています。場合によっては、最善の治療のために、敢えて他院での治療を薦めることもあります。いわゆるセカンドオピニオン目的の紹介、逆紹介はとても大切な事と考えています。
 扁桃摘出術、内視鏡下鼻副鼻腔手術、鼓膜形成術などの中耳手術については、県内で最も多くの実績を残している病院の一つです。その他、頭頚部腫瘍(唾液腺・甲状腺・喉頭・口腔・咽頭・鼻副鼻腔・頸部)、中耳炎、外耳炎、めまい、難聴、顔面神経麻痺、アレルギー鼻炎、副鼻腔炎、嗅覚障害、口内炎、味覚障害、咽喉頭炎、咽頭等の異物、外傷、などが対応疾患です。

耳鼻科の特徴について

 耳鼻科というと、中耳炎、扁桃炎くらいしか病気が思い浮かばないという方もいらっしゃるかもしれません。また、耳鼻科やいくつかの診療科は仕事が楽な診療科の代表のように言われる事があります。実際には、診療科毎に仕事の性質が異なるだけで、ましてや好生館のような基幹病院ともなると、直接生死に関わるような病気も珍しくありません。当科では入院患者さんのほとんどが手術目的の入院です。
 耳鼻科で取り扱う臓器・疾患は非常に多彩でかつ特徴的です。まず、耳鼻科の守備範囲を具体的にいいますと「首から上の部分のうち、脳、脊髄、頚椎、眼、歯を除くすべての部分」となり、かなり広い範囲を治療対象としています。また、これらの部位は服に隠れることなく常に人目にさらされていますので、外観を損なわないよう治療することが大切です。一方で、耳鼻科は機能外科ともいうべき多彩な機能をもった臓器を治療対象としています。
 まず、人は鼻、口、のどで呼吸、摂食(食べる)、嚥下(飲み込む)を営んでいますが、これらは生きていく上で必要不可欠な機能です。また、耳、鼻、口は五感のうち3つの感覚、すなわち聴覚、嗅覚、味覚をつかさどっています。これらに平衡(体のバランスをとる)感覚も加えれば、4つの感覚に関係していることになります。言い換えれば、感覚器の病気を扱うのが耳鼻咽喉科といっても過言ではありません。さらに、コミュニケーションの基本は会話ですが、しゃべるためには、喉で発声し、舌や口で色々な言葉に変換する必要があります。このように、人が人らしく生きていくための機能が耳鼻いんこう科の領域には集中しています。
 このような特徴を持った耳鼻科は、治療にあたっても根治性と同じくらい機能性を重視します。例えば、いまでは国民病とも言えるようになったアレルギー性鼻炎は耳鼻科の代表的疾患ですが、この病気の治療の際にもこのことがあてはまります。すなわち、鼻炎という病気を治療しようと考えるより、どれだけ鼻炎の症状を楽にできるかという考え方をよくします。鼻炎という病気を治すという考え方をすると理屈が先行してしまい、医師の個人的治療方針に患者さんがあわせるという結果になりがちです。一方、どのように患者さんの症状を改善しようかという考え方をすると、おのずと患者さんのニーズやライフスタイルにあった満足度の高い治療を行うことができます。最終的にはどれだけ患者さんが楽しく苦痛なく過ごせるようになるかが大切なのです。
 癌治療にも同じようなことが言えます。耳鼻科領域の癌(頭頚部癌といいます)はすべての癌の5%程度と多くはありませんが、ほかの癌と同様高齢化とともに増加傾向です。現在治療の主体はやはり手術ですが、喉頭癌、咽頭癌、舌癌、上顎癌など、病巣の切除とともにその器官の機能も失われることになります。したがって、できるだけ手術を回避もしくは切除範囲を小さくするための工夫をします。幸い、頭頚部癌では放射線療法が有効な事が多いため、これを積極的に活用します。代表的なものは、手術前後に行う化学放射線療法です。
 抗がん剤投与と放射線療法を時期をずらさずに同時に行うものですが、以前のように抗がん剤と放射線療法を別々に行うより、副作用を抑えつつ高い治療効果を狙うことができます。副作用を少なくするためには、抗がん剤の量を少量に抑えたり、癌の周囲にのみ高濃度の抗がん剤を投与したり、また放射線照射量と分布を最適化するなどの工夫がされています。この治療が奏功すれば手術を回避することも可能です。一昔前では喉頭癌で声を失っていたものが、自分の声帯を使ってしゃべることができるようにもなってきました。
 高齢化社会を迎え、誰もが癌にかかる可能性が出てきた今日、癌は単に治すだけの病気ではなく、どのように向きあい、苦痛を少なく、仕事や日常生活に支障がなく暮らしていくか、患者さんの生活の質(QOL; Quality Of Life)を高めるよう対応することが大切です。

診療科
総合内科
血液内科
腎臓内科
糖尿病代謝内科
腫瘍内科
消化器内科
消化器外科
肝胆膵内科
肝胆膵外科
呼吸器内科
呼吸器外科
脳神経内科
脳神経外科
脳血管内科
循環器内科
心臓血管外科
小児科
小児外科
整形外科
脊椎外科
緩和ケア科
精神科
皮膚科
産婦人科
乳腺外科
形成外科
泌尿器科
耳鼻いんこう科
眼科
リハビリテーション科
放射線科
救急科
麻酔科
病理診断科
歯科口腔外科
診療センター
中央診療部門
診療支援部門
看護部門
事務部門

ご案内

外来診療受付時間:
(月~金)8:30~11:00

相談支援センター:
(月~金)8:30~17:15

ページの先頭へ戻る

個人情報の取扱いについてサイトポリシーリンク集サイトマップご意見・ご感想